coating

コーティング

当社オリジナルのR-Glassをはじめとした特殊なコーティングからこだわりの洗車まで、ご予算・施工内容・オプションも含めご要望に応じたプロの磨きとコーティングをご提供いたします。
car polish Baseオリジナルのセラミックガラスコート剤「R-Glass」
R-Glass

car polish Baseオリジナルの
セラミックガラスコート剤「R-Glass」。

ガラスコーティングと言ってもカー用品量販店やインターネット通販で販売しているセルフで施工する数千円から一万円くらいの物まで多種多様の商品が市場にあふれています。一方でコーティング専門店で施工する本格的なコーティングに至っても施工店舗やその方法によって数万円の物から十万円を超えるものまで幅広くあり、違いが分かりにくいですよね。自分で施工するか専門店のプロに施工して頂くかの根本的な大きなちがいは有りますが施工に使用するガラスコート剤そのものはどれも基本的に同じようなもので、それらのほとんどがシリコン・フッ素・ポリマーなどのバインダー(接着剤)が含まれているのが現状です。

バインダーは見た目には分かりませんが、紫外線や酸性雨などに非常に反応しやすく時間の経過とともにボディ全体が黄変したり、ボンネットやルーフなどに部分的なシミを作る原因になってしまい、折角のガラスコーティングが台無しで、綺麗で艶々のはずのボディも残念な状態に陥ります。

R-Glassは一般的なガラスコーティングとは違い、シリコン・フッ素・ポリマーなどのバインダーは一切使用せず、2種類のセラミックボールとオリジナルの溶液だけを原材料とした完全無機質で不純物の無い、まさにReal(真の)ガラスコート剤となります。

future coating system

画期的な施工手法
future coating system

car polish BaseオリジナルのセラミックガラスコーティングであるR-Glassですが折角の本物のガラスコート剤でもその施工方法が適切でなければReal(真の)ガラスコーティングとは言えません。

car polish Baseでは施工方法にも拘りがあり、従来のようなスポンジやクロスを使用した手塗りやポリッシャーでの施工ではなく、塗装面に浸透させやすいように十分加熱したセラミックガラスをより薄く満遍なく特殊な方法で施工する『未来の』施工方法です。このようにR-Glassとfuture coating systemのコラボによってReal(真の)ガラスをfuture(未来の) coating systemによって施工する本物のガラスコーティングを是非体験してください!!!

future coating systemでの施工は全国的に見ても類のない画期的でパーフェクトなまさに未来の施工方法と言えるでしょう。

polishing

car polish Base一番のこだわり・・・
それは「磨き」です。

carpolishと名乗るわけですから磨きには特別なこだわりがあります。

エアー式、電動式それぞれ超小型のシングルアクションからダブル・ランダムアクション、前後縦に振動するオービタルサンダーまで7種類!! 10数台のポリッシャー、ショート、ミディアム・ロングの毛の長さの違うウールバフや大小さまざまのスポンジバフ、粗目から中目・細目・超微粒子までのコンパウンドをはじめ10数種類のケミカル、自動車メーカーによる塗装の違いはもちろん、ソリッドカラーとメタリックやパール、マイカ等カラーの違い、果てはセルフリストアリングやスクラッチシールドなどの自己修復のクリア塗装などによって最善・最良のものをチョイスして時間を惜しむことなく鏡面状になるまで丹念に仕上げていきます。

car wash

car polish Baseは洗車にも
こだわります。

カーコーティング施工において一番最初の工程は当たり前ですが洗車となります。

car polish Baseに入庫する車両の70%以上が納車前のいわゆる新車ですが新車と言っても細部は意外と汚れが付いており、洗車は重要な工程となります。 例えばドアの開口部付近やモールやカウルトップの際等、特に輸入車に至っては高級車であっても信じられないくらい酷い状態の車両もあります。そこでcar polish Baseでは温度調節や吐出圧力の調整が可能な高圧洗浄機を使用して時間をかけて丁寧に洗車します。もちろん洗車に使用する水は塗装にやさしく、水滴が残ってもボディやガラスにシミが付着しにくい超純水を使用しています。又、拭き上げ用のクロスにもこだわり、塗装面にやさしく吸水性抜群オリジナルのマイクロファイバークロスを使用してソフトに拭き上げます。